デリケートゾーンの脱毛の施術を受ける回数

デリケートゾーンはお肌が敏感な部分ですので、脱毛の施術を受けるときには、お肌への刺激を極力抑える必要がります。

デリケートゾーン脱毛方法

そのため、一般的には自分で無駄毛を処理する必要がなくなるまでにサロンに通う回数は、人にもよりますが、およそ十回から十二回ぐらいです。

デリケートゾーンは痛みを感じやすい部位なため、痛みを感じにくくするために照射する光の出力を落とすようなことになれば、一般的な自分で無駄毛を処理する必要がなくなるまでにサロンに通う回数よりは、増えてしまう可能性があります。

脱毛の方法には、サロンによって施術を受ける前に照射する光に反応するジェルを塗っておく方法と、直接素肌に光を照射する方法があります。

アフターケアが大事

デリケートゾーンの脱毛の方法としては、施術を受ける前に照射する光に反応するジェルを塗っておく方法の方が向いている場合があります。

デリケートゾーンに直接光を照射すると、お肌にかかる負担が大きくなってしまう可能性があるためです。
施術を受ける前にジェルを塗っておく方法で行うサロンを選ぶというのも良い方法の一つです。

施術を受けた直後は照射した光で水分を奪われて、お肌が乾燥していることが、よくあるのでアフターケアとして充分に保湿ケアをしておく必要があります。

最初は恥ずかしいと感じるデリケートゾーンの脱毛

サロンでデリケートゾーンのムダ毛のお手入れをしたいけど恥ずかしいという理由で抵抗感を抱いてしまい利用をためらっているという女性は多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンのムダ毛のお手入れとは、Vライン、Iライン、Oラインの脱毛のことです。今は肌にライトを当てるだけのフラッシュ脱毛が主流なので、簡単にデリケートゾーンのムダ毛ができるようになり利用者も年々増えてきています。

恥ずかしさについてですが、そのような抵抗感を抱くのは最初だけです。いざ、お手入れが開始されれば全くそんなことを考えている暇もないくらいあっという間に終了します。

衛生的なる

ライトを当てるだけなのでとてもスピーディーですし、痛みも熱さもなくとても快適です。
肌にやさしい施術なので敏感肌の人でも安心です。

お手入れの際は専用のパンツが用意されているので自分の下着を汚す心配もありません。施術をしてくれるスタッフもプロですので、恥ずかしい思いをしないような配慮をしてくれるので安心してお任せしましょう。

デリケートゾーンのムダ毛がなくなれば、汗や生理時の経血やおりものによるムレや不快感も一気に解消されてとても快適に衛生的に過ごすことができるようになります。

デリケートゾーン脱毛の形は慎重に検討

自己処理ではリスクの大きいデリケートゾーンのムダ毛処理が安全、且つ綺麗にできることから、近年では多くの女性が脱毛エステやクリニックを利用しています。

一度処理が完了すれば長期間綺麗な肌を保てるので、いつ水着を着ることになっても安心な点が魅力ですが、実際に始める際に重要となるのが、どのような形に処理するかです。

デリケートゾーンの中でも、IラインとOラインは全て残さずに処理する人が多いですが、Vラインに関しては全て処理はせず、形を整えて残すという人が少なくありません。

Vラインのデザインに関して、最も日本人女性の間で人気が高いのが、逆三角形です。
ナチュラルでありながら、水着やショーツからはみ出してしまう心配が無い為、海やプールはもちろんのこと、温泉などでも安心な点が人気の要因となっています。

さいごに

可愛らしさを感じさせるたまご型や、小さな水着でも安心のI字型なども良く選ばれるデザインですが、何れの場合でも慎重に検討することが大切です。

自分で行うカミソリや毛抜きでの処理と違い、脱毛エステやクリニックでのデリケートゾーン脱毛は効果が長期間、あるいは永久的に持続します。

一度決めたデザインがそのまま残るので、後悔のないように決めましょう。